あなたの保険はどんな保険?自分の保険をちゃんと知ろう!

保険のお勧めサイトを紹介します

定期保険は期間を定めた保険

皆さんは掛け捨てと言うとどう思われますか。支払った保険料が何もなければ戻ってこない、死亡するはずが無いからもったいないと思いませんか。もちろん、死にそうな方は保険会社のほうで加入を拒否します。生命保険はいざと言う時に大変役立つもので、定期保険は生命保険の中でも基本となる保険種類です。
一般の個人保険では終身保険と定期保険の組あわせが一般的で、例えば1000万の終身保険に3000万の定期保険という組み合わせで、被保険者が死亡した場合に4000万の保険金が下りると言う事になります。終身保険は保障期間は亡くなるまでです、したがって、人間は必ず死ぬ以上確実に保険金を遺族はもらえます。しかしもう一方の保険は読んで字のごとく機関の定めがあります。その保障期間は保障をしますが機関が過ぎたら保障はありません。その代わり大変お安い保険料になっていてメリットがあります。
一般の個人保険では、子供が社会人になるまで定期保険でカバーしているのが普通です。その期間の世帯主の死亡は子供の未来に大きな影響を与えてしまいます。仮にその様なことになっても生命保険はご主人の変わりに経済的な代わりをしてくれます。

話題の保険関連情報。このホムペを一度覗いて下さい